化粧はみだしなみのひとつ

昔の話になりますが、携帯ショップ店員として働いたことがあります。携帯電話というのは今では必須アイテムになっていて、勤めに出るまでにも自分自身がショップを訪ねたりすることもありました。勤務している女性でかなり髪の色の明るい店員さんもいたりしたので外見的なことに関しての決まりがあまりない仕事だと思っていました。ですが、実際には染めることのできる色の明るさというものが決められていました。髪型についても、長すぎるならばまとめ髪にするようにといったことも言われていたと思います。確かに、髪の毛が明るすぎて傷んでいたりするだけで清潔感に欠ける印象を与えてしまうこともあります。抑えめの色で、きちんと髪の毛をまとめている方が、印象としては良いものになります。世の中の大人でも、すっぴんで街を歩いている人はたくさんいます。実際に、私の職場の上司の女性も、毎日すっぴんで仕事に来ていました。だから、すっぴんで仕事をすることが社会人としてあり得ないことだとは思いませんでした。身だしなみを整えるということはナチュラルメイク、すなわち自分の職業に合わせたメイクをして、仕事のしやすい髪型をして、服装もそういったものに変える、ということなのだということを知りました。まさにTPOに合わせて、というものです。これは、プライベートな場面でも常に意識して取りいれる必要のあるものでもあります。たくさん歩くデートなのに、ヒールだと足がつらくて歩くことができませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です